ニュース

新型コロナウイルス感染症クラスターの終息について

投稿日時:2021.08.14ニュース

                                令和3年8月14日

関係各位

                           福島工業高等専門学校長
                                 山 下  治

         
         新型コロナウイルス感染症クラスターの終息について


 この度、本校で発生した新型コロナウイルス感染症に係るクラスターにつきまして、関係
各位におかれましては多大なご心配をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。
 
 本校では「福島高専における新型コロナウイルス感染防止対策」及び「新型コロナウイル
ス感染防止のための行動指針」を策定し、それに基づき、学生及び教職員の健康観察・行動
記録シートの入力、マスク着用、教室内の常時換気等、感染予防対策を実施して参りました。

 しかしながら、7月25日(日)に一例目の感染者を確認しました。感染判明直後から、
保健所の指導のもと、濃厚接触者及び接触の可能性が疑われる学生・教職員の調査を行い、
一連のクラスターに関して、学生6名が感染するに至りました(今回のクラスターとは別
に、このほか学生2名の感染を確認しております)。その後、8月13日(金)で濃厚接触
者等に対する2週間の経過観察期間が終了しましたが、新たな新型コロナウイルス陽性者は
確認されておりません。これで本校におけるクラスターに関連して、これ以上の新型コロナ
ウイルス感染拡大の恐れはなくなったものとし、終息したことをご報告いたします。

 8月5日には、福島県が国から「まん延防止等重点措置」の適用を受け、いわき市が重点
措置の対象区域とされたところです。このようなことから、本校としては、これからの学校
における諸活動について、学生及び教職員の日々の健康管理と感染防止対策を徹底し、学生
が安心して学校生活を送れるよう努めるとともに、関係各位にご心配をおかけすることのな
いよう、再発防止に努めて参ります。引き続き、本校に対する御理解と御協力をお願い致し
ます。