ニュース

第60回入学式及び令和3年度編入学式並びに第18回専攻科入学式を挙行しました

投稿日時:2021.04.07ニュース

福島高専は、4月5日(月)に令和3年度の入学式を挙行しました。この日入学が許可されたのは、本科学生202名、編入学生3名、専攻科学生27名です。

山下校長は式辞において、本科入学生に、福島高専が掲げる教育理念を達成するために心掛けてほしい事として、「3つの教育理念」及び「五つの心構え」を挙げ、「福島高専で学ぶ五年間は必ずや皆さんが実社会で生き抜く力を育んでくれます。日々、健康に気を付けて、夢と希望を持って勉学に励んでください。」と言葉を贈りました。また、専攻科入学生には、「本科五年間で修得したことを基礎に、さらに高度な基礎科目と専門科目を学び、これからの超スマート社会を生き抜けるよう、広く豊かな教養と人間力を更に磨いていただきたい。」と激励しました。

入学者宣誓では、化学・バイオ工学科1年の亀井桃佳さん、産業技術システム工学専攻エネルギーシステム工学コース1年の橋本まゆりさんがそれぞれ入学の決意を述べました。

今年度の入学式は昨年度に続き、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、入学生と保護者は各教室等でライブ配信による参加となりました。

新型コロナウイルスの影響により活動の制限が余儀なくされる中ではありますが、福島高専は安全な学修環境を維持し、勉学や人間形成に励み、本校を巣立つまでに大きく成長して、将来、国内はもちろん国際的にも活躍できる実践的・創造的技術者に育つよう努めて参ります。学生の皆さんのこれからの成長に期待しています。

校長式辞.png

 式辞を行う山下校長

本科式辞.png

 入学生宣誓を行う本科生、編入学生代表 亀井さん

橋本宣誓.jpg

 入学生宣誓を行う専攻科入学生代表 橋本さん

ライブ式辞.jpg

 オンライン配信に入学式で校長祝辞を聴講する新入生