ニュース

令和2年度高専機構理事長特別表彰並びに日本高専学会研究奨励賞最優秀賞を受賞しました

投稿日時:2021.03.26ニュース

本校、専攻科産業技術システム工学専攻(化学・バイオ工学コース)齊藤瞭汰(さいとうりょうた)さんが、専攻科の特別研究において特に優れた研究活動を行い、顕著な研究業績をあげました。これらの研究業績が評価され、令和2年度高専機構理事長特別表彰並びに日本高専学会研究奨励賞最優秀賞を受賞しました。また、本校では、この賞を受賞したことにより、福島高専特別表彰を授与することとなりました。

高専機構理事長特別表彰式は、高専機構ともう一人の受賞者がいる久留米高専との3カ所をオンラインで結び実施されました。式では、谷口高専機構理事長から、「日本を代表する研究者になってください。」と激励がありました。

引き続き、日本高専学会研究奨励賞最優秀表彰及び福島高専特別表彰が行われ山下校長から賞状が授与されました。

齊藤さんの研究内容及び各表彰については、次のとおり

〇研究テーマ:
細胞生物 Colpoda 休眠シストの環境ストレス耐性と細胞修復機構に関する研究

〇発表実績等
これまでの齊藤さんの研究成果と研究活動は、Acta Protozoologicaをはじめとする査読付国際学術雑誌6報(うち4報がファーストオーサー)、国際学会発表10件(うち本人登壇4件)、国内学会発表6件、新聞掲載3件(いわき民報、福島民報、福島民友)等で発表されています。

〇各表彰について

  1. 高専機構理事長特別表彰は、全国の高等専門学校から推薦され、高専理事長賞に表彰された者の中で、特に顕著な業績等により国立高等専門学校全体の名誉を高めた学生等について、表彰するものです。今年度は、全国で2名(他、久留米高専生)が受賞しました。

  2. 日本高専学会研究奨励賞最優秀賞は、各高専に所属する学生の研究意欲向上および全国高専の発展のため、特に優れた研究活動を行ったと認められる専攻科生を表彰するものです。なお、今年度は、最優秀賞1名(福島高専学生)、優秀賞1名が表彰されました。

  3. 福島工業高等専門学校特別表彰は、全国レベルの資格試験等の最上位合格者やTOEIC900点以上を取得した者など特に優秀な成果を挙げ、他の学生の模範となる学生を表彰するものです。今年度の受賞者は、1名でした。

IMG_8355.JPG

オンラインで研究の報告を行う齊藤さん

IMG_8359.jpg

谷口高専理事長からのメッセージをいただきました

IMG_8372.JPG

山下校長から福島高専特別表彰を授与されました