ニュース一覧

夏季一斉休業のお知らせ

投稿日時:2019.08.08ニュース

      夏季一斉休業のお知らせ

本校では以下の日程で一斉休業を実施いたします。

          記

令和元年8月10日(土)~令和元年8月15日(木)

 ◎緊急連絡先(守衛所)0246-46-0743

「TEPIA先端技術館プレゼンツ プログラミング体験広場」へ参加して

投稿日時:2019.07.26ニュース

令和元年7月7日(日)に,いわき駅前のラトブ6階いわき産業創造館にて,「TEPIA先端技術館プレゼンツ プログラミング体験広場(https://www.tepia.jp/outreach/report/259/)」が開催されました。このイベントは,TEPIA((一財)高度技術社会推進協会)が主催となり,プログラミングを身近に感じてもらうことを目的に,小学1年生から6年生までの子供たちを対象に小型ドローンやロボットアームなど,約20種類の教材を活用して,楽しく遊びながらプログラミングを体験できるものです。今回は,福島高専の学生で「ロボット技術研究会」,「分子生物学愛好会」,「ソフトウェア研究会」に所属するメンバーが,主催者からの依頼で,お手伝い役として参加しました。また,このイベントでは,「高専ロボコン」「知能ロボコン」に参加している下記のロボットを披露しました。

高専ロボコンチーム(ロボット技術研究会)は,平成30年度の競技に出場したロボットと,今年度 (http://www.official-robocon.com/kosen/)の大会に出場予定のロボットがデモンストレーションを行いました。知能ロボコンチーム(分子生物学愛好会)は,第31回 知能ロボットコンテスト2019で準優勝したロボットのデモンストレーションを行いました(詳細はこちらhttp://www.fukushima-nct.ac.jp/fk_news/31_2019.html)。

プログラミング体験広場には,予想の倍以上の1,000人を超える来場者がありました。

来場者からは,"お兄さん,お姉さんに優しく教えてもらい,大変楽しかった","福島高専のデモンストレーションは良かった"といった感想をたくさんいただきました。

9月15日(日)には,南相馬市の福島ロボットテストフィールドで同様のプログラミング体験イベントが開催されます(https://www.tepia.jp/outreach/)。福島高専も今回同様に高専ロボコン,知能ロボコンのデモンストレーションを行う予定です。

スライド1.JPGスライド2.JPGスライド3.JPG

郡山わくわくフェスタにて福島高専のブースを出展しました

投稿日時:2019.07.19ニュース

7月6日(土)、7日(日)に郡山駅西口で開催された郡山わくわくフェスタに

機械システム工学科と電気電子システム工学科がブースを出展しました。

今年度は、低融点金属によるキーホルダーの作成する工作体験コーナーと

手回し発電機によりスーパーキャパシタ(電気二重層コンデンサ)を充電し

てミニ四駆を走らせる体験コーナーを出展し、多くの方々に参加いただきま

した。

キー1.jpgキー2.jpg

 低融点金属によるキーホルダーの作成する様子

キー3.jpgきー4.jpg

 手回し発電機によりスーパーキャパシタ(電気二重層コンデンサ)を充電してミニ四駆を走らせる様子

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)出場!【陸上】

投稿日時:2019.07.19ニュース

第74回 東北高等学校陸上競技大会2019(インターハイ予選)・兼 秩父宮賜杯第72回全国高等学校陸上競技対抗選手権大会東北地区予選会が令和元年6月14日(金)~17日(月)に秋田県・県立中央公園総合運動場陸上競技場で行われました。

大会では、化学・バイオ工学科3年の佐藤優斗さんが400MHで6位に入賞し、8月4日から沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで行われるインターハイに出場が決まりました。また、ビジネスコミュニケーション学科3年の上野美咲さんは棒高跳で8位に入賞しました。

シーケンス制御の基礎講座を開催しました

投稿日時:2019.07.19ニュース

629()に、昨年度に引き続き、電気電子システム工学科教員により

福島高専協力会企業を対象としたシーケンス制御講座を開催しました。

内容は実習機器を利用してリレーシーケンスとPLC(プログラマブルロジック

コントローラ)シーケンスについて実習形式で行われました。

本講座は、出張して実施することも可能ですので、同様の講座の開講を希望される

場合は、総務課地域連携係までご連絡を下さい。

講義.jpg 講義の様子

実習.jpg 実習の様子

令和元年度 福島高専 公開講座「シンプルなライントレーサーをつくろう!」のご案内

投稿日時:2019.07.19ニュース

黒い線にそって走るライントレーサーをつくってみませんか?

出来るだけ少ない部品で作ります。車体は、紙工作、回路ははんだ付けで作る

最も基本的なロボットのコントロール方法を学びましょう。

開催日時:令和元年8月18日(日) 10001400(受付 9451000

開催場所:福島高専 専攻科棟1階 多目的講義室

募集定員:小学校5年生~中学生 20名程度

     ※応募者多数となった場合は,抽選により受講者を決定させて頂きます。

募集期間:令和元年718()~令和元年728()

参加料:無料

ライントレーサー開催案内(開催案内PDFリンク)

令和元年度後期分授業料免除説明会について

投稿日時:2019.07.19ニュース

学生を対象とした令和元年度後期分授業料免除に関する説明会及び免除申請書類配付を以下のとおり行いますので、後期分授業料の免除申請を希望する学生は必ず、出席してください。

授業料免除の対象者等、詳細については学内の掲示(学生課脇の掲示板)を各自、確認してください。

なお、前期分授業料免除の申請時に後期分の免除も併せて申請した学生は、今回の説明会は出席不要です。

【本科3年生以下対象の説明会】

開催日時:令和元年7月25日(木) 12時30分から

開催場所:第4ゼミ室

*6月に手続きを行った「高等学校等就学支援金」と「授業料免除」は制度が異なります。

【本科4年生以上対象の説明会】

開催日時:令和元年7月26日(金) 12時30分から

開催場所:第4ゼミ室

「第十九回福島県中学生ロボット競技会」「中学校教員向け自動ロボット講座」のご案内

投稿日時:2019.07.09ニュース

下記のとおり「第十九回福島県中学生ロボット競技会」を開催します。

参加を希望される中学校は、福島県中学生ロボット競技会HPからお申し込みください。

また、中学校教員向けの「中学生ロボコン自動ロボット講座」も開催します。

競技会の指導にあたる先生方、ロボット製作に興味をお持ちの先生方の参加をお待ちしています。

「第十九回福島県中学生ロボット競技会」

開催日時

令和元年12月21日(土) 9:30~15:00

開催場所

福島高専 第一体育館

競技課題

 基本競技、応用競技の2種目を行い、各種目での1位~3位、敢闘賞、 アイディア賞

および 総合での1位~3位を表彰する。

 主タイトル『クリスマスボックス』

 (1)基本競技 → スラローム競技

 (2)応用競技 → クリスマスボックス

福島県中学生ロボット競技会HP

http://robotjr.fukushima-nct.ac.jp/

※詳しくはこちらから!(「R1中学生ロボット競技会実施内容」PDFリンク)

「中学生ロボコン自動ロボット講座」

開催日時

 令和元年8月17日(土)、18日(日)10:00~15:00

開催場所

 福島高専 機械システム工学科棟3階 製図室

募集定員

 中学校教員10名程度(先着順)

※詳しくはこちらから!(「R1教員向け講座募集案内」PDFリンク)

令和元年度 福島高専 公開講座 化学への招待 楽しい科学の実験室のご案内

投稿日時:2019.07.09ニュース

楽しい科学の実験室のご案内

実験1 染色の化学

天然色素で布を染めてみよう。

実験2 きれいな水を作ろう

汚れた水をきれいな水にしよう。

開催日時:令和元年8月10日(土) 9:30~12:30

開催場所:福島高専 化学・バイオ工学科棟1階 実験室

募集定員:小学校4年生~中学生 40名(各実験毎に20名程度)

受講料:無料

※詳しくはこちらから!(「化学への招待チラシ」PDFリンク)

第31回 知能ロボットコンテスト2019 で、分子生物学愛好会の学生が、チャレンジャーズコース・マスターズコースともに準優勝しました。

投稿日時:2019.06.20ニュース

 令和元年6月15日(土)、16日(日)に、スリーエム仙台市科学館にて、知能ロボットフィスティバル2019 第31回知能ロボットコンテスト2019 が開催されました。この大会の競技には2つのコースがあり、ボールの色判別と分別を行うチャレンジャーズコースには、小学校高学年、中学・高校、高専・大学、一般社会人の団体・個人など66チーム、多様な置き方のボールや缶の色判別と分別、さらに水入りペットボトルの運搬を行うマスターズコースには、中学・高校、高専・大学、一般社会人の団体・個人など12チームのロボットが参加しました。

 分子生物学愛好会の「チーム:堀越くまさん Na(製作者:化学・バイオ工学科3年 野場なおさん)、ロボット名:omunirice」は、チャレンジャーズコースに出場し、決勝では、パーフェクトの競技点である50点は取れませんでしたが、2台協調のロボットの機能・動作や外観へのいい意味でのこだわりが評価され、高い審査員点(パフォーマンス性・チャレンジ性 • 芸術性• スピード感を評価)をいただき、準優勝すると共に、権威ある「日本ロボット学会特別賞」を受賞しました。野場さんは、昨年度も決勝に進出し、「メカトロで遊ぶ会賞」を受賞しています。

 また、チーム:堀越くまさん NNNNN(製作メンバー:物質工学科5年 門井真理乃さん・同 一條祐里奈・同 鈴木琴乃さん)、ロボット名:URY's」はマスターズコースに出場し、「うり坊」をモチーフとした3台のロボットで、ボールや缶を口でくわえて運ぶしぐさや、鼻息に見立てた風でボールをゴールに入れるしぐさ、そして、ペットボトルを「猪突猛進」で台に押し上げて得点する動作を披露し、高い審査員点を獲得して準優勝となりました。メンバーの3人の内2人は、一昨年度の大会でもチャレンジャーズコースで準優勝しており、プログラム担当のもう1人も、一昨年度の大会でのマスターズコース優勝チームの一員でした。

 分子生物愛好会では、今後もモノづくりに精進したいと考えています。

C60.jpg

omunirice の競技様子

M12.jpg

URY's の競技の様子

syuugou.jpg

準優勝した分子生物学愛好会の学生たち

福島高専協力会定期総会が開催されました

投稿日時:2019.06.20ニュース

 福島高専協力会の令和元年度定期総会が、6月13日(木)に会員企業及び高専教職員93名が参加し、市内において開催されました。

 総会では、初めに正木好男会長(いわき商工会議所副会頭)から、日頃からの支援及び協力に対する謝辞が述べられました。また、顧問の山下治校長からは、会員企業の皆様から福島高専への支援に対する謝辞と福島高専の近況報告がなされました。

 議事では、平成30年度事業報告や「教育研究の振興事業」、「連携・協力事業」、「技術開発・技術者再教育及び地域貢献事業」の令和元年度事業計画などが承認されました。

 総会後には、福島高専を紹介する事例発表を行い、本校エネルギー研究会学生によるソーラーカー製作や秋田県大潟村で行われたソーラーカーレースに関する活動紹介や、松江俊一男女共同参画・キャリア教育支援室長による学生の就職状況報告、首都圏での学生の募集や採用の変化についての紹介等が行われました。

 事例発表後の交流会では、参加した福島高専教員が専門分野を含めた自己紹介を行うとともに会員企業参加者らと情報交換を行い、交流を深めました。

会長.jpg

会長挨拶を行う正木会長

やました.jpg

顧問挨拶を行う山下校長

じれい.jpg

エネルギー研究会学生による事例発表

令和元年度 福島高専 公開講座「金属探知器を作ろう」のご案内

投稿日時:2019.06.19ニュース

金属探知器の仕組みを学んで、実際に作ってみましょう♪

自分で作った金属探知器で宝物を探し出せるかな?

開催日時:令和元年7月27日(土) 9:00~12:30(受付 830900

開催場所:福島高専 モノづくり演習室

募集定員:小学校4年生~中学校3年生 30名程度

     ※応募者多数となった場合は,抽選により受講者を決定させて頂きます。

募集期間:令和元年6月17日()~令和元年7月5日()

参加料:無料

詳しくはこちらから!(開催案内PDFリンク)詳しくはこちらから