ニュース一覧

新型コロナウイルス感染防止のための対策 その2

投稿日時:2020.06.12ニュース

〇磐陽会館売店及び食堂
【売店及び食堂の順路】
売店及び食堂を導線が重ならない様に一方通行としました。

IMG_4967.JPG

【売店と食堂の入り口を分ける】

IMG_4959.JPG

【食堂入り口】

IMG_4960.JPG

【食堂内での食券販売】

IMG_4962.JPG

【食堂の食券引き換え所】

IMG_4963.JPG

【食堂の座席を減らしました】

IMG_4964.JPG

【売店入り口】

IMG_4965.JPG

【売店レジ】

IMG_4966.JPG

〇保健室

【保健室の入り口】

IMG_4969.JPG

【保健室前】

IMG_4971.JPG

【保健室臨時窓口】

IMG_4970.JPG

情報処理教育センター内及びコミュニケーション演習室
【パソコン設置教室内】
仕切り版を設置しました。授業時は、学生はマスク及びフェイスシールド着用します。

1231231.jpg

大連東軟信息学院(中華人民共和国)からマスクが寄贈されました

投稿日時:2020.06.02ニュース

新型コロナウイルス感染が世界で拡大する中、本学と連携協力に関する協定を締結している大連東軟信息学院(だいれんとうなんしんそくがくいん)からマスク800枚の寄付の申し出があり、令和2年5月26日に受け取りました。

本校と大連東軟信息学院は、平成28年から交流があり、平成29年3月に「福島工業高等専門学校と大連東軟信息学院との連携協力に関する協定書」を締結しました。それ以降、本校の学生を毎年派遣し、昨年までに21名の学生が大連東軟信息学院で語学学習や中国文化研修、IT関連の会社見学等を行っております。

大連東軟信息学院は、中国最大のIT企業であるNeusoftグループが経営する中国の最大のIT専門大学です。

こうした状況下、この度の新型コロナウィルス感染症の影響でマスク不足が続く日本の現状を知った大連東軟信息学院では、「皆さまの日常生活をまもるべくお役に立てればと願い、微力かつ少しではありますが、予防用マスクを贈呈させていただきます。中国では、新型コロナウイルスの流行に勝つための最も困難な時期を過ぎたばかりであり、現在貴学が直面している困難にも理解を共有できる立場にあります。」と励ましの手紙を添えていただきました。

今回届いた箱には「千言万語 惟愿安康」の中国語があり、意味は「たくさん伝えたいことはありますが、泰平をお祈りします。」と書かれておりました。

本校では、大連東軟信息学院の温かいご配慮に深く感謝をし、いただいたマスクを、対面授業の際、必要なに学生に配付させていただきます。

IMG_4880.JPGIMG_4881.JPG

新型コロナウイルス感染防止のための対策 その1

投稿日時:2020.05.26ニュース

本校の学生課では、新型コロナウイルス感染拡大防止を図るため、窓口での感染防止対策を行って対応しております。

ソーシャルディスタンス確保のための「フロアサイン」、飛沫感染防止のための「ビニールカーテン」を職員の手作りで用意しました。

来校者の皆さんと職員双方の安全を確保しつつ業務を行って参ります。

学生課.jpg

(学生課入り口)

学生課2.jpg

(受付窓口)

今年度の高専体育大会の中止について

投稿日時:2020.05.22ニュース

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、7月に開催予定の東北地区高専体育大会ならびに8月から9月に開催予定していた全国高専体育大会は中止となりましたのでお知らせいたします。

 なお、冬季開催のラグビーの実施については今後の状況を踏まえて判断することになっております。

 大会運営のためにご協力いただく予定だった関係者や地域の皆様、観戦を楽しみにしていただいた方々には残念ではありますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

専攻科修了生が令和元年度日本原子力研究開発機構福島研究開発部門成果報告会のポスター発表で理事長賞を受賞

投稿日時:2020.04.30ニュース

専攻科ビジネスコミュニケーション学専攻2年生の嘉齊澪(かさいみお)さんが、令和2年2月27日に開催中止となった日本原子力研究開発機構、令和元年度福島研究開発部門成果報告会ポスター発表に係る書類選考の結果、同機構理事長賞を受賞しました。

嘉齊さんの発表は、「除染除去土壌再生利用に対する理解醸成アプローチ」と題し、福島第一原子力発電所事故の影響により大量に発生した除染除去土壌の再生利用について、学生による再生利用理解醸成アプローチのモデルを考案し、フィールドワークや共同教育プログラム、米国学生との意見交換や地元住民との勉強会などを通じて理解を深める取組をポスターにより報告するものでした。

社会的な視点からの唯一の研究発表であり、地域住民の理解醸成を図る取組であることが高く評価され今回の受賞となりました。

報告会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から急遽開催中止となったことから、発表予定のポスターによる審査となり、賞状及び副賞は本校に届けられ嘉齊さんにお渡ししました。

IMG_4910 (002).JPG

(受賞した嘉齊さん)

令和2年度後援会役員会及び定期総会の実施方法の変更について

投稿日時:2020.04.30ニュース

                         令和2年4月30日
 保護者 各位
                     福島工業高等専門学校
                      後援会会長 関 根   匡
                      校 長   山 下   治

 福島高専では、新型コロナウイルス感染症への対応として、政府等の方針及
び国内の状況を踏まえ、これまで通常授業開始の延期や各種行事の開催方法の
見直し等、感染拡大の防止に向けた措置を行っているところです。つきまして
は、同様の趣旨から、今年度の後援会行事の実施方法について、下記のとおり
変更することとしましたのでお知らせします。
 なお、令和2年度予算の執行に当たりましては、今後の見通しが不透明な状
況であるため、大幅な変更等が生じた際には、三役会議にて審議の上、対応さ
せていただきたく存じますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

               記
1.後援会役員会 
  書面表決により実施することとし、後日役員の皆様へ文書を送付します。
2.後援会総会 
  予算、決算及び役員名簿等の送付をもって報告とします。

(企業の皆様へ)面談等での来校について

投稿日時:2020.04.21ニュース

現在、本校では新型コロナウイルス感染拡大防止のため不要不急の来校はご遠慮いただいております。研究や就職関連で教職員との打ち合わせ等を希望する場合も、電話やメールを使用していただき、来校は控えるようご協力をお願いいたします。

なお、急を要する面談をご希望の場合は、事前に下記担当係までご連絡ください。

(研究に関すること)
総務課地域連携係
TEL0246-46-0719
Mailliaison_office@fukushima-nct.ac.jp

(就職に関すること)
学生課学生支援係
TEL0246-46-0734
Mailsyusyoku@fukushima-nct.ac.jp

令和2年度公開講座等の中止について

投稿日時:2020.04.14ニュース

福島高専では、地域貢献活動として公開講座や学校開放事業、出前授業等を開催しております。しかし、今年度においては、新型コロナウイルス感染症対策のため、当面は公開講座等を中止することといたしました。

再開することが決まりましたら改めてお知らせいたします。

楽しみにしていただいた方々には申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

【担当・問い合わせ】

総務課地域連携係

TEL:0246-46-0719

Mail:liaison_office@fukushima-nct.ac.jp

来校者用受付の設置について

投稿日時:2020.04.09ニュース

 福島高専では、新型コロナウイルス対応の一環として、
正面玄関に受付を設置いたしました。
 来校者の皆様におかれましては、次の点にご協力くだ
さいますようお願いいたします。

・正面玄関からの入場

・受付での「来校者受付簿への記帳」及び「来校者カード」の着用

・訪問先(担当教員、担当課等)への事前連絡

また、マスク着用、アルコール消毒への取組にもご協力をお願いします。

本校専攻科OBが2019年電気学会産業応用部門優秀論文発表賞を受賞

投稿日時:2020.04.09ニュース

専攻科産業技術システム工学専攻・エネルギーシステム工学コース2年に在学していた板坂年希さんが,電気学会リニアドライブ研究会で2019年1月に発表した論文に対して,「2019年電気学会産業応用部門優秀論文発表賞」を2020年3月31日付で受賞しました。受賞論文は板坂さんが専攻科1年在学時の研究成果をまとめた「同期回転機構を備えたシリンダ形状永久磁石型リニアHalbachアレイの磁場スライドの予備観察」です。

この研究では,世界で初めて設計製作した「同期回転機構をもったシリンダ形状永久磁石型のHalbach配列」によって「形成される磁場のスライド」を初めて公開したもので、研究会発表当日には「バルク超電導体のピン留め効果を利用した磁場スライドの動的観察」についても報告しました。電気学会では,100周年事業の一環として、35歳以下の若手研究者に対し全国大会や研究会において優れた論文発表をした者を対象に優秀論文発表賞を授与しています。板坂さんは、この電気学会・研究会以外にも、2019年7月、スイス・EPFL(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)・ヌシャテールキャンパスで開催された「産業応用リニアドライブ国際会議:LDIA2019」でも口頭発表し、その発表内容は大変好評でした。2020年4月からは北陸先端科学技術大学院大学に進学していますが、今後も活躍が期待されます。

DSC_4430.JPG

(受賞した板坂さん(中央)、指導教員の鈴木教授(左)と伊藤教授(右))

授業日程の変更に伴う閉寮について

投稿日時:2020.04.07ニュース

令和2年4月7日

授業日程の変更に伴う閉寮について


 寮生保護者の皆さま

                                寮務主事 松江 俊一


 今般の福島県内における新型コロナウィルスの感染者の急増を受けて、福島高専では、以下の
とおり決定しました。

 (1) 4月6日(月)の始業式及びオリエンテーションは予定通り行うが、通常の授業の
    開始を4月20日以降とする。

 (2) 4月7日(火)及び8日(水)を登校日として、学年やクラスごとにoffice365や
    Teams等に関するガイダンスを実施する。

 つきましては、寮も臨時閉寮とすることになりました。急な決定となったため、保護者の方の
迎えの都合等を考慮し、帰省期限を4月12日(日)10時まで猶予をとります。速やかにお子
様と連絡をとり、4月7日(火)、8日(水)のガイダンスが終了し次第、お子様を伴ってご帰
宅いただけますよう、お願い申し上げます。

食事について

・8日まではメニュー表の通りに給食します。

・9日以降については在庫している食材を主に使っての提供となりますので、別メニューとなります。 夕食の主菜も単品となります。

・食事の提供数の見積もりを把握するために、できるだけ速やかにお子様と相談して帰寮日時を決め、
 お子様を通して寮事務室に伝えてください。

諸注意とお願い

・お子様の迎えが12日(日)10時までにどうしても迎えに来れない場合は、松江までご相談くだ
 さい。寮事務室 0246-46-0737

・自宅では不要不急の外出は避け、健康・行動の管理を誠実に行うようご指導ください。
 なお、帰寮日時については学校からの授業再開予定日の連絡があった後に、松江からお子様方に
 メールでお知らせしますので、それに従って帰寮するようにしてください。

通常授業開始の延期について

投稿日時:2020.04.06ニュース

                         令和2年4月6日

 学生・保護者 各位

                     福島工業高等専門学校
                          リスク管理室

 新型コロナウイルスの急激な感染拡大に伴い、通常授業の開始を
2週間程度延期し、4月20日以降の開始といたします。

 今後の予定に関しては、Office365及びホームページへの掲載により
連絡しますので、随時確認するようお願いします。

4/6(月)始業式について

投稿日時:2020.04.05ニュース

在校生の皆様にお知らせ申し上げます。

始業式の登校にあたりましては、全員マスクの着用をお願いいたします。