ディプロマポリシー(卒業・修了認定方針)

 本校では、以下の「養成する人材像」に示す人材を育成する教育内容を学習し、「卒業時・修了時に身につけるべき資質能力」を身に付け、所定の単位を修得し、卒業・修了要件を満たした学生に対して卒業・修了を認定します。

○養成する人材像

 <準学士課程(本科)、専攻科課程>

【工学系学科と専攻】

①十分な基礎学力の上に専門知識を修得し、知識創造の時代に柔軟に対応できるエンジニア

②イノベーションに即応するために、問題解決のみならず課題探究できるエンジニア

③モノづくりと環境保全の調和に配慮し、持続可能な社会の発展に貢献できるエンジニア

④グローバルなコミュニケーション能力を備え、ビジネス系の知識も獲得した実践的エンジニア

【ビジネス系学科と専攻】

①自己実現ができるビジネス・スペシャリスト

②グローバルなコミュニケーション能力を有するビジネス・スペシャリスト

③論理的思考に優れたビジネス・スペシャリスト

④長期的な視野をもち、持続可能な社会の実現に貢献するビジネス・スペシャリスト

<準学士課程(本科)の各学科で養成する人材像>

【機械システム工学科】

  機械工学の専門知識を持って他分野の技術も取り入れることで、高度化するシステムに対処し、

 常に発展する新しいモノづくりを担うことができる機械技術者の育成

【機械工学科】

  機械工業のみならず一般産業を含めた広い分野において科学技術の進展に対処できる

 機械技術者の育成

【電気電子システム工学科】

  電気・電子・情報の技術を応用することでシステムを構築し、産業界の多様な問題を解決できる

 クリエイティブな技術者の育成

【電気工学科】

  電気・電子・情報技術を中心として産業界のさまざまな分野で活躍できる技術者の育成

化学・バイオ工学科

  持続可能な社会を実現するために、物理化学、無機化学、分析化学、有機化学、生物化学、化学工学

 などの専門分野の基礎知識を身につけ、化学製品、材料、食品など物質生産の分野において幅広く活躍

 できる化学技術者の育成

【物質工学科】

  時代のニーズに即した種々の機能性材料を開発、生産する化学、医薬品、食品工業をはじめ、機械、

 電気、電子工業などの素材技術者の育成

都市システム工学科

  持続可能な建設技術を基礎に、社会基盤施設の維持・管理分野や自然災害に対する防災・減災分野で

 活躍できるシビルエンジニアの育成

【建設環境工学科】

  建設技術の基礎の上に、自然環境に配慮しながら持続可能な開発や社会基盤施設の建設に対応できる

 シビルエンジニアの育成

【ビジネスコミュニケーション学科】

  社会に対して広く関心を持ち、進展するグローバル化に対応できるリテラシー(語学や情報など)を

 身につけるとともに、環境問題に配慮し持続可能な社会に貢献できる人材の育成

【コミュニケーション情報学科】

  「ビジネス」、「英語」、「情報」に重点を置いたコミュニケーション科学に関する教育・研究によ

 り、ビジネス社会の現場で活躍できる人材の育成

<専攻科課程の各専攻で養成する人材像>

【産業技術システム工学専攻】

  本科の機械システム工学科、電気電子システム工学科、化学・バイオ工学科、都市システム工学科の

 それぞれの専門分野の基礎学力を充実させ、その応用性や専門性を深める。

  また復興人材育成特別プログラムにより地域復興に活躍できる人材を育成する。

  本専攻は次の4つのコースから成る。

<生産・情報システム工学コース>

  機械系・電気系の材料工学分野及び機械加工系、電子・情報工学系を融合した教育・研究を行う。機

 械設計関連、システム制御関連、電子物性関連及び情報関連分野に関するより高度で応用性の高い専

 門科目を学び生産・情報分野で活躍できる人材を育成する。

  このコースの教育研究は復興人材育成特別プログラムのロボット技術、メカトロニクス、防災通信等

 と密接に関係しており、これらの分野で地域の復興に活躍できる人材も育成する。

<エネルギーシステム工学コース>

  機械系・電気系のエネルギー関連分野の教育・研究を行う。エネルギー分野に関するより高度で応用

 性の高い専門科目を学び、機械・電気関連のエネルギー分野で活躍できる人材を育成する。

  このコースの教育研究は復興人材育成特別プログラムの再生可能エネルギー分野、原子力安全工学

 分野にも密接に関係しており、エネルギー関連産業で活躍できる人材も育成する。

<化学・バイオ工学コース>

  応用化学分野・生命工学分野及びそれらの関連分野の教育・研究を行う。化学・バイオ工学科(準学

 士課程)専門分野の基礎学力をさらに充実させたうえで、その専門性を高める。さらに、現代の応用化

 学分野・生命工学分野及びそれらの関連分野における先端技術やその動向に柔軟に対応できる人材

 の養成を目指す。

  このコースの教育・研究は、復興人材育成特別プログラムの放射線計測関連分野に関係しており、

 廃炉技術の重要な一分野である放射線及び放射性物質の取扱いに必要な種々の基本的な学識を修

 めさせることも目標としている。

<社会環境システム工学コース>

  建設・環境系の教育・研究を行う。土木工学と環境工学に関する専門知識を修得し、さらに関連科目

 の履修を通して複眼的視野を深める。これらを通して日々進化する先端技術に柔軟に対応しつつ、環

 境に配慮することのできる建設技術を身につけた人材の養成を目指す。

  このコースの教育研究は、復興人材育成特別プログラムの減災工学分野に関係しており、まちを災

 害から守る技術分野や災害復興に取り組む分野で活躍することのできる人材の育成も行う。

【ビジネスコミュニケーション学専攻】

  準学士課程のビジネスコミュニケーション学科の専門的な基礎学力を充実させ、その応用性や専門

 性を深めることで、地域社会の発展に貢献するとともに、グローバルに活躍できる人材を育成する。

  本専攻は次の1つのコースから成る。

<ビジネスコミュニケーション学コース>

  準学士課程のビジネスコミュニケーション学科で習得した社会学系知識の応用力を育み、さらに専門

 性を深める科目を履修する。くわえて、工学系とビジネス系のシナジー効果を期待できる科目を履修す

 ることにより、工学の基礎知識と国際社会で通用するビジネスコミュニケーション能力を併せ持つ人材

 の育成をめざす。また、復興人材育成特別プログラムをはじめとするカリキュラムにより、社会の持続

 可能性に配慮しながら地域社会の発展に貢献するとともに、たしかなコミュニケーション能力と国際感

 覚をもち、地域社会と国際社会の垣根をこえてグローバルに活躍する人材を育成する。

○卒業時(修了時)に身に付けるべき学力や資質・能力

<準学士課程(本科)>

 1.豊かな教養と周囲に配慮できる人間性

 2.専門分野の基礎知識とそれらの総合的応用能力

 3.自ら工夫し、広い視野から新しい発想ができる能力

 4.自己を啓発し、課題を分析して解決する能力

 5.モノづくりやデザインの実践力

 6.基礎的なコミュニケーション能力と情報技術を活用したプレゼンテーション能力

<専攻科課程>

 1.地球的視野から人や社会や環境に配慮できる能力を養うための倫理・教養

 2.工学およびビジネスの幅広い基礎知識の上に、融合・複合的な専門知識を修得し、

   知識創造の時代に柔軟に対応できる能力

 3.工学系科目-ビジネス系科目の協働(シナジー)効果により、複眼的な視野を持

   って自ら工夫して新しい産業技術を創造できる能力

 4.情報収集や自己学習を通して常に自己を啓発し、問題解決のみならず課題探究す

   る能力

 5.モノづくりやシステムデザイン能力を生かした創造的実践力

 6.情報技術を活用した、国際社会で必要なコミュニケーション能力およびプレゼン

   テーション能力