アドミッションポリシー(入学者受入方針)

アドミッションポリシー(入学者受入方針)は、本校の学習・教育目標を達成できる能力を持った人を入学させるための方針で、次のように定められています。

○準学士課程(本科)

望ましい学生像

【全学科】

1.創造的な「モノづくり」に強い興味を持っている人

2.基礎的学習内容を十分に理解し、自ら学ぼうとする人

3.自ら目標を立て、達成に向けて粘り強く努力する人

4.あらゆる物事に関心を持ち、深く探究する人

5.しっかりしたモラルを持ち、まわりの人たちを尊重する人

【機械システム工学科】

①ロボット技術や機械の仕組みに興味があり、アイデアを形にしたい人

②環境にやさしいエネルギー技術に関心のある人

③モノづくりの知識と技術を身に付けて、将来、地域の発展に貢献したい人

【電気電子システム工学科】

①ロボット制御技術、エネルギー技術、情報通信技術に興味があり、将来、その技術者として

 社会に貢献したい人

②電気回路やコンピュータ、センサなどを駆使して、様々なシステムをつくりあげたい人

③電気・電子・情報について学んだ知識を応用して、自分のアイデアを形にしたい人

④電気電子技術をベースとして、農林水産業、サービス業など様々な業種に関心を持ち、

 これらの産業を活性化したいと考えている人

【化学・バイオ工学科】

①化学やバイオテクノロジーの知識と技術を身につけて、将来、その技術者として地域・

 社会に貢献したい人

②地球に優しい化学技術や新素材をつくり、環境問題の解決、持続可能な社会の構築を

 目指したい人

③学んだ化学バイオ技術を、農林水産資源の生産・管理や有効活用に役立てたいと考える人

【都市システム工学科】

①自然環境と調和した建設技術に興味を持っている人

②道路・橋・港など建設構造物の維持管理に興味を持っている人

③災害に負けない安全なまちづくりに貢献したい人

ビジネスコミュニケーション学科

①社会・経済のしくみや動きに広く関心のある人

②外国語によるコミュニケーション能力を高めて、グローバルに活躍したい人

③情報リテラシーを身につけて、高度情報化社会で活躍したい人

④地球環境に配慮し、持続可能な社会の発展に貢献したい人

入学者選抜の基本方針

福島高専では以下の点を重視して、入学者の選抜を行います。

 1.中学校で学習する国語・社会・数学・理科・英語の学習内容を十分に理解していること

 2.中学校での成績評価が良好なこと

 3.課題達成型推薦入試においては、モノづくりや課外活動などの課題に取り組み、顕著な

   結果を残していること

○専攻科課程

望ましい学生像

【全専攻】

1.専門の知識と基礎技術を有し、より高度な実践的かつ創造的技術を修得する意欲のある人

2.工学と経営の融合した分野に強い興味を持っている人

3.職業人としての倫理観を身につけ、専門分野で地域及び社会の発展に貢献したい人

【産業技術システム工学専攻】

<生産・情報システム工学コース>

①機械・電気の専門的な基礎力を有し、機械・情報を活用した創造的なモノづくりに興

 味を持っている人

②生産・情報分野の技術者としての素養を身につけ、豊かな社会の発展に貢献することに意欲

 を持っている人

<エネルギーシステム工学コース>

①機械・電気の専門的な基礎力を有し、エネルギー分野に興味を持っている人

②エネルギー分野の技術者としての素養を身につけ、豊かな社会の発展に貢献することに意欲

 を持っている人

<化学・バイオ工学コース>

①応用化学分野・生命工学分野及びそれらの関連分野の学修と研究に打ち込み、先端技術に

 柔軟に対応できる知識とスキルを修得したい人

②工学を修める者としての確かな倫理観を持ち、工学の発展及び地域・社会の環境改善に貢献

 したい人

<社会環境システム工学コース>

①建設・環境工学の研究に打ち込み、先端技術に柔軟に対応する知識とスキルを修得し

 たい人

②確かな倫理観を持ち、工学の発展及び地域・社会の環境改善に貢献したい人

【ビジネスコミュニケーション学専攻】

<ビジネスコミュニケーション学コース>

①現代社会への幅広い関心を持ち、社会科学の研究と、語学や情報、環境問題などの

 関連分野の学習に打ち込む意欲を持っている人

②たしかなコミュニケーション能力と情報リテラシーを身につけ、地域社会と国際社会の

 垣根をこえてグローバルに活躍する意欲のある人

入学者選抜の基本方針

 高等専門学校卒業程度の、各専門で必要な基礎的素養(工学系では、数学、各専門分野

の基礎的知識・能力、ビジネス系では社会科学と専門分野の基礎的知識・能力)を有してい

ることを重視します。

 また外国語による国際的コミュニケーション基礎能力を有していることも重視します。