カリキュラムポリシー(教育課程編成方針)

 本校では、「学習教育目標」「ディプロマ・ポリシー」に定めた能力を身につけるため、次のような

教育課程の編成方針、および成績評価基準に基づいて教育を実施します。

○編成方針

(1)準学士課程(本科)においては、くさび型※の構成であり、「学習教育目標」「ディプロマ・

  ポリシー」を身に付けるための必修科目、選択科目を適切に設定した、5年一貫の体系的

  な教育課程を編成する。

   専攻科においては、準学士課程の内容からの接続、発展を考慮した、より高度な教育課

  程を編成する。

  ※くさび型の教育課程:低学年次においては一般科目を多く配置し、学年の進行に伴い専

   門科目を多く配置する教育課程

(2)「ディプロマ・ポリシー」に定めた能力を深化させるため、高学年、および専攻科においては、

   モノづくり、校外での体験、問題解決能力の養成等に関する科目を開設する。

(3)教育課程を編成するに当たっては、全学年で基本的な知識・技能の修得、それらを応用し

   思考、判断する能力の修得、それらを自発的に学習できる態度・志向性を修得できるように

   配慮して、科目配置や科目毎の授業内容や授業計画を設計しシラバスに記載し、シラバス

   にしたがい教育を実施する。

○成績評価基準

(1)科目の成績評価は、定期試験の成績および平素の成績をもとに行う。評価方法はシラバス

  に記載し、記載された評価方法に基づいて公平に成績評価を実施する。

(2)科目の成績評価結果は100点法で行い、60点以上を合格とする。

(3)各科目について、成績評価が60点以上の場合は単位の修得を認定する。

○準学士課程(本科) 学科ごとの教育課程編成方針

 ディプロマポリシーで掲げた能力を育成するために、各学科では、以下の科目群を系統的に編成する。

【機械工学科】

【機械システム工学科】

(1)低学年における科目:数学、物理、化学などの理系教養科目、英語、国語、歴史などの文系教養

  科目、および情報リテラシー基礎科目

(2)機械工学の基礎科目: 材料力学、機械力学、熱力学、水力学、材料学、制御工学、機械工作法、

  機構学を基盤とした専門科目群

(3)技術習得に関する科目:モノづくり実習、工学実験、設計製図などの実技科目

(4)課題探究能力育成科目:創作習、工学セミナー、卒業研究などの問題解決能力、応用力、チーム

  ワーク力といった総合的能力を養うための科目

(5)機械工学に関連する専門科目:電気工学基礎、知的財産権、環境工学などの、他分野の科目

【電気工学科】

【電気電子システム工学科】

(1)低学年における科目:数学、物理、化学などの理系教養科目、英語、国語、歴史などの文系教養

  科目、および情報リテラシー基礎科目

(2)電気、電子工学の基礎専門科目:電気磁気学、電気回路、電子回路、電気工学、電子工学、情報

  工学を基盤とした専門科目群

(3)技術習得に関する科目:電気電子工学実験などの実技科目

(4)課題探究能力育成科目:創作実習、卒業研究などの問題解決能力、応用力、チームワーク力と

  いった総合的能力を養うための科目

(5)電気、電子工学に関連する専門科目:機械工学概論、知的財産権、環境工学などの、他分野の科目

【物質工学科】

化学・バイオ工学科

(1)低学年における科目:数学、物理、化学などの理系教養科目、英語、国語、歴史などの文系教養科

  目、および情報リテラシー基礎科目

(2)応用化学分野の基礎科目:物理化学、無機化学、分析化学、有機化学、生物化学、化学工学を基

  盤とした専門科目群

(3)技術習得に関する科目:化学・バイオ工学実験などの実技科目

(4)課題探究能力育成科目:創造実験実習、卒業研究などの問題解決能力、応用力、チームワーク力

  といった総合的能力を養うための科目

(5)応用化学分野に関連する専門科目:機械工学概論、電子工学概論、知的財産権などの、他分野の

  科目

【建設環境工学科】

都市システム工学科

(1)低学年における科目:数学、物理、化学などの理系教養科目、英語、国語、歴史などの文系

  教養科目、および情報リテラシー基礎科目

(2)土木工学の基礎科目: 構造、水理、地盤、材料、施工、環境、計画を基盤とした専門科目群

(3)技術習得に関する科目:製図法、測量実習、CAD、工学実験・演習などの実技科目

(4)課題探究能力育成科目:シビックデザイン演習、工学セミナー、卒業研究などの問題解決能力、

  応用力、チームワーク力といった総合的能力を養うための科目

(5)土木工学に関連する専門科目:機械・電子工学概論、知的財産権、廃炉・原子力などの、他分

  野の科目

【コミュニケーション情報学科】

【ビジネスコミュニケーション学科】

(1)低学年における科目:数学、物理、化学などの理系教養科目、英語、国語、歴史などの文系

  教養科目、および情報リテラシー基礎科目

(2)以下の諸分野を横断する幅広い社会科学の専門科目

   ①人文系:歴史という縦軸と社会という横軸から現代社会を理解するための幅広い専門科目群

   ②数理系:微積分などの基礎数学と統計などの応用数学についてのたしかな学力を身につける

    ための専門科目群

   ③語学系:文化的な背景までを含めたたしかな語学力と、研究・ビジネスなどの分野における応

    用力を養うための専門科目群

   ④経営系:経営学を中心に、組織や人間関係に関する知識を涵養するための専門科目群

   ⑤経済系:ミクロ経済・マクロ経済などの経済理論を中心にした専門科目群

   ⑥情報系:プログラミングや情報リテラシーなどを高いレベルで習得するための専門科目群

   ⑦会計系:社会経済の多方面における人間の諸活動に大きな影響を与えている会計学につ

    いての知識と応用力を身につけるための専門科目群

(3)主体的に問題を探究し、研究を遂行する能力を涵養する科目:卒業研究など、主体的な問題意識

  にもとづいて研究を遂行する能力を養うための専門科目群

○専攻科課程 各専攻、コースごとの教育課程編成方針

 ディプロマポリシーで掲げた能力を育成するために、各専攻各コースでは、以下の科目群を系

統的に編成する。

産業技術システム工学専攻

<生産・情報システム工学コース>

このコースでは、専攻の分野ごとに以下の科目群を編成する.

・機械工学

(1)専門基礎科目:応用解析学、力学総論、応用塑性加工学、品質工学、制御システム工学など

(2)技術習得に関する科目:生産・情報システム工学実験など

(3)課題探究能力育成科目:システムデザイン演習、特別研究Ⅰ、特別研究Ⅱなどの課題設定と

  その解決能力や応用力、コミュニケーション力やチームワーク力といった総合的能力を養うた

  めの科目

(4)専攻の分野に関連する科目:産業財産権、産業技術論、科学技術史、製品開発論などの他

  分野の科目

(5)専攻外の科目:倫理学、ビジネス英語、現代英語Ⅰ、製品開発論、生産管理論、都市経済学、

  現代化学などの科目

・電気電子工学

(1)専門基礎科目:数理計画論、応用電子制御工学、制御システム工学、情報科学論、産業応用

  情報工学など

(2)技術習得に関する科目:生産・情報システム工学実験など

(3)課題探究能力育成科目:システムデザイン演習、特別研究Ⅰ、特別研究Ⅱなどの課題設定と

  その解決能力や応用力、コミュニケーション力やチームワーク力といった総合的能力を養うた

  めの科目

(4)専攻の分野に関連する科目:産業財産権、産業技術論、科学技術史、製品開発論などの他

  分野の科目

(5)専攻外の科目:倫理学、ビジネス英語、現代英語Ⅰ、製品開発論、生産管理論、都市経済学、

  現代化学などの科目

<エネルギーシステム工学コース>

 このコースでは、専攻の分野ごとに以下の科目群を編成する.

・機械工学 

(1)専門基礎科目:応用解析学、力学総論、応用塑性加工学、品質工学、制御システム工学など

(2)技術習得に関する科目:エネルギーシステム工学実験など

(3)課題探究能力育成科目:システムデザイン演習、特別研究Ⅰ、特別研究Ⅱなどの課題設定と

  その解決能力や応用力、コミュニケーション力やチームワーク力といった総合的能力を養うた

  めの科目

(4)専攻の分野に関連する科目:産業財産権、産業技術論、科学技術史、製品開発論などの他

  分野の科目

(5)専攻外の科目:倫理学、ビジネス英語、現代英語Ⅰ、製品開発論、生産管理論、都市経済学、

  現代化学などの科目

・電気電子工学

(1)専門基礎科目:数理計画論、応用電子制御工学、制御システム工学、電力流通工学、応用

  電磁気学など

(2)技術習得に関する科目:エネルギーシステム工学実験など

(3)課題探究能力育成科目:システムデザイン演習、特別研究Ⅰ、特別研究Ⅱなどの課題設定と

  その解決能力や応用力、コミュニケーション力やチームワーク力といった総合的能力を養うた

  めの科目

(4)専攻の分野に関連する科目:産業財産権、産業技術論、科学技術史、製品開発論などの他

  分野の科目

(5)専攻外の科目:倫理学、ビジネス英語、現代英語Ⅰ、製品開発論、生産管理論、都市経済学、

  現代化学などの科目

<化学・バイオ工学コース>

(1)専門基礎科目:プロセス物理化学、応用材料化学、応用合成化学、現代分析化学、応用有機化

  学、構造物理化学、生体分子機能工学などの応用化学、生物工学を基盤とした専門科目群

(2)技術習得に関する科目:化学・バイオ工学実験、インターンシップA・B・Cなどの実技・実習系

  科目

(3)課題探究能力育成科目:システムデザイン演習、特別研究Ⅰ・Ⅱなどの課題設定とその解決能

  力や応用力、コミュニケーション力やチームワーク力といった総合的能力を養うための科目

(4)専攻の分野に関連する科目:産業技術論、応用解析学、力学総論、材料科学、情報科学論、

  ビジネス英語などの他分野の科目

(5)専攻外の科目:倫理学、ビジネス英語、現代英語Ⅰ、製品開発論、生産管理論、都市経済学

  などの科目

<社会環境システム工学コース>

(1)専門基礎科目:構造解析論、維持・管理工学、地下空間工学、水工学、水環境工学、数理計画

  論などの土木工学や環境工学を基盤とした専門科目群

(2)技術習得に関する科目:社会環境システム工学実験、インターンシップA・B・Cなどの実技・実習

  系科目

(3)課題探究能力育成科目:システムデザイン演習、特別研究Ⅰ・Ⅱなどの課題設定とその解決能

  力や応用力、コミュニケーション力やチームワーク力といった総合的能力を養うための科目

(4)専攻の分野に関連する科目:産業技術論、応用解析学、力学総論、材料科学、情報科学論、

  科学技術史、ビジネス英語などの他分野の科目

(5)専攻外の科目:倫理学、ビジネス英語、現代英語Ⅰ、製品開発論、生産管理論、都市経済学、

  現代化学などの科目

【ビジネスコミュニケーション学専攻】

<ビジネスコミュニケーション学コース>

(1)専門基礎科目:情報科学論、製品開発論、経営分析論、生産管理論、経営管理論、財務諸表

  論、広告メディア論、グローバル経営論

(2)技術習得に関する科目:システム論、データベース論、数理意思決定論

(3)課題探究能力育成科目:新事業開発、経営学演習、システムデザイン演習、特別研究Ⅰ、

  特別研究Ⅱなどの課題設定とその解決能力や応用力、コミュニケーション力やチームワーク力と

  いった総合的能力を養うための科目

(4)専攻の分野に関連する科目:産業財産権、産業技術論、経済産業論、都市経済学などの他分野

  の科目

(5)専攻外の科目:倫理学、現代英語Ⅰ、現代英語Ⅱ、日本文化論、現代英語Ⅲ、現代科学、科学

  技術史、ビジネス英語、環境解析評価論、再生可能エネルギー工学、放射線工学、環境保全工学、

  産業安全工学総論、応用防災通信、原子力安全工学、減災工学、モノづくり概論などの科目