新型コロナウイルス感染症対策助成事業:福島高専学生生活支援給付金

「新型コロナウイルス感染症対策助成事業」

    福島高専学生生活支援給付金募集要項

1.趣旨

 有志の企業や個人の皆様から日本学生支援機構へご寄附をいただき、「新型コロナウイルス感染症対策助成事業」として本校への助成金交付がありました。

 本助成金を用いて、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で経済的に困窮している学生を対象に、「学びの継続」を維持するための必要な支援を行います。

2.対象学生と募集人数

 令和2年10月1日現在、本校に在学する4年生以上の学生(休学中を除く)のうち、自宅・学生寮以外のアパート等で親元を離れて暮らしている学生及び学生寮にて自炊している外国人留学生。20名程度を予定。

※ただし、今年度又は前年度に懲戒処分を受けた者及び退寮勧告等により退寮しアパート等でひとり暮らしをする者は除く。

3.助成額(一人当たり)

 専攻科生:2万円程度

 本科生 :2万円程度

 *予算の都合により金額が変動する場合があります。

 *振込での支給となりますので、別途口座情報の提出が必要です。

4.給付金申請

 令和2年10月分~令和3年1月分のうち1か月分のアパート等家賃支払額がわかる領収証、ATM利用明細等もしくは賃貸契約書の写しを添付した給付金申請書、口座振込申請書を学生支援係まで提出すること。

福島高専学生生活支援給付金申請書(様式)

振込依頼書(福島高専学生生活支援給付金用様式)

5.申請締め切り

 令和2年12月14日(月)17時(厳守)

6.注意事項

 申請書の記載内容や添付書類に虚偽等があった場合、給付金の返還を求めることがあります。

  

<別紙>

■対象学生(下記のいずれも対象となります)

・4年生以上の学生(1~3年生は対象外)で、アパート等を借り受けて親元を離れて暮らしている者

・学生寮で自炊する外国人留学生(3年生は対象外)

※ただし、過去に懲戒処分を受けた者及び退寮勧告等により退寮してアパート等で生活をしている者は除きます。

 例) 本科卒業時に退寮し、現在親元を離れて生活中の専攻科生    ・・・ ○

    規律違反のため退寮勧告を受け、現在親元を離れて生活中の5年生・・・ ×

■添付書類(下記のいずれか一つをA4用紙サイズコピー又はのり付けにて提出)

・家賃支払いの領収証(10月分~1月分家賃のうち1か月分)

 銀行振込の領収証、ATM利用明細書、クレジットカード明細書、預金通帳(写)のほか、スマートホンのスクリーンショットなどでも可。

 ※いずれも支払い相手先と金額がはっきりわかるもの。

・アパート等の賃貸契約書(写)

 居住人氏名及び家賃が明記されていること。

■アパート等

 アパート、マンション、下宿等自宅以外で家賃相当額を負担して賃借するものをいいます。自宅以外であっても、親類宅や友人宅、ホテル等は対象外です。

■保護者

 外国人留学生の方は、保護者欄に寮務主事の署名・押印をお願いしてください。