ニュース

国際学会「The 5th Regional Conference on Campus Sustainability」に参加しました

投稿日時:2018.04.17ニュース

 The 5th Regional Conference on Campus Sustainability(5RCCS2018)は、マレーシア・サバ大学をホスト校、フィリピン・アダムソン大学、福島高専を協賛校として、3月20日(火)と3月21日(水)の2日間にわたり、キャンパス・サステイナビリティをテーマとしてマレーシアのサバ州コタキナバルで開催されました。当学会は、東南アジアでのキャンパス・サステイナビリティのネットワークの基幹校であるサバ大学を中心に毎年行われ、今年は5回目の開催となります。

 学会にはマレーシア、フィリピン及びタイ等の東南アジア諸国と日本からは本校の教職員6名・学生3名を合わせ約100名が参加し、開催されました。

 学会1日目は午前中にマレーシア科学アカデミーのアドナン教授による基調講演があり、つづいてキャンパス・サステイナビリティをテーマとしたプレゼンテーション発表、午後から、アダムソン大学のパレンシア教授による基調講演と参加者によるグループ討論会及びプレゼンテーション発表が行われました。本校学生3名は、基調講演とともにプレゼンテーション発表を聴講し、教員2名がそれぞれペーパープレゼンテーションを行うとともに、うち教員1名は、「アウトリーチと人材育成」をテーマとしたグループ討議の議長を務めました。

 学会2日目は、参加学生3名のポスタープレゼンテーション発表、グローバル化推進センター長の石原教授による基調講演、サバ大学、アダムソン大学、本校とのコタキナバル宣言署名及び1日目のグループ討議のまとめとなるフォーラムが行われました。また、閉会式では、ベストポスター賞を受賞したコミュニケーション情報学科3年江尻彩菜さんが表彰されました。最後に今後のキャンパス・サステイナビリティ・ネットワークの発展に向けた協働について確認し、中村校長が、来年度のホスト校として挨拶するとともに赤木事務補佐員がいわき市及び本校の紹介プレゼンテーションを行いました。

DSC02085.JPG DSC02123.JPG
    本校参加学生と学会関係者           江尻彩菜さんの表彰の様子