ニュース

アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2019全国大会に出場しました

投稿日時:2019.12.03ニュース

11月24日(日)に東京都墨田区にある両国国技館において第32回高専ロボコン全国大会が開催されました。

本年度の競技テーマは「らん♪ RUN Laundry」で,ロボットが「洗濯物干し」に挑戦します。高さ1,000 mm,1,500 mm,2,000 mmの3本の物干し竿に,Tシャツ,バスタオル,そしてシーツを干す競技です。同点の場合は干された洗濯物の「全体的な美しさ」で勝敗が決まります。
本校から東北地区大会で優勝した次のチームが参加しました。

チーム名:干しに願いを(ホシニネガイヲ)
チームメンバー:5E五十嵐知士,4M鈴木海渡,2C 梶朝陽
ピットクルー:5M相原空歩,5M須田彩冬,5M上野台裕太,4M鈴木海渡,2E高野凌輔

出場したロボットは,バスタオルとTシャツとシーツを回収し,高さ1,000 mmの竿にTシャツ,高さ1,500 mmの竿にバスタオル,高さ2,000 mmの竿にシーツを干す作業を手動機械と自動機の2台で行います。予選、決勝で竿に干せる物が変わります。

前日のテストランでは,満点を獲得する仕上がりを見せた本校のロボットですが、試合のフィールドの環境が微妙に違っていたためか,本来のパフォーマンスを披露できず,ベスト4・ロボコン大賞を獲得した奈良高専(近畿地区優勝校)に初戦で敗れました。

結果は残念でしたが,東北地区大会優勝で全国大会に出場でき,強豪チームと互角に戦える能力を持つロボットを製作できたことは,試合に取り組む選手・ピットクルーそしてロボット製作を支援してくれたロボット技術研究会の学生の努力とともに,保護者のみなさま,福島高専協力会の企業のみなさま,地域の方々の応援とご協力があったからです。特に、今年度は10月に発生した水害という厳しい状況な中で,多大なご支援をいただきました。日頃からロボットの製作や地域活動等にご理解とご協力をいただきましたことに厚く御礼申し上げます。また、大会会場へ応援に駆けつけて下さった保護者のみなさま,OB・OGのみなさま,学校関係者のみなさまにあらためて感謝申し上げます。

高専ロボコンとしましては,次に向けた準備の期間に入りますが,新年度には、ロボット技術の実践を志す,多くの若い頭脳が新入生として参加してくれることを期待しております。引き続きご協力とご支援のほどよろしくお願いいたします。

高専ロボットコンテスト 指導教員一同

テストランの様子2.jpg

テストラン①

テストランの様子3.jpg

テストラン②

DSC_3738TSA.jpg

本番①

DSC_3724TSA.jpg

本番②