ニュース

さくらサイエンスプラン採択プログラムを実施しました

投稿日時:2018.06.28ニュース

 本校では、平成29年度から学術交流協定を締結している中国の陝西工業職業技術学院の学生をさくらサイエンスプラン採択プログラム「陝西工業職業技術学院と福島高専との実践的ものづくり交流と先端技術視察」の短期留学生として、6月10日から6月16日の7日間受入れ、福島県内各地において本プログラムを実施しました。
 さくらサイエンスプランとは、日本・アジア青少年サイエンス交流事業として、国立研究開発法人科学技術振興機構が募集を行っている事業です。本事業の趣旨は、エンジニアを目指す日本とアジアの同世代の若者に対して交流の場を提供し、両国の学生が科学技術に対する理解を深めることを主な目的としています。
 本校では、このさくらサイエンスプランへ今回初めて応募し、採択されました。本プログラムをとおして、昨年度協定を締結したばかりの陝西工業職業技術学院との交流事業を開始することができ、様々な工学系分野に所属する10名の学生と1名の引率教員を初めて受入れました。留学生らは、福島高専における工学系4学科の代表的なモノづくり体験授業に参加するとともに、いわき市を代表する製造企業の見学、JAEA楢葉遠隔技術開発センターや産総研福島再生可能エネルギー研究所等の視察を行い、更に茶道体験、日本語講座、環境水族館見学などを行いました。また、本校のESS&ESD研究会所属の学生を中心としたメンバーが開催した歓迎会及び送別会をとおして交流し、親睦を深めました。

image001.jpg image002.jpg
山下校長の歓迎の挨拶            歓迎会での学生交流の様子

image005.jpg image006.jpg
福島高専でのモノづくり体験授業        福島高専でのモノづくり体験授業
の様子-1                   の様子-2

image009.jpg image010.jpg
茶道体験の様子                環境水族館見学の様子

image013.jpg
さくらサイエンスプラン修了証書授与式の様子