ニュース

陝西工業職業技術学院との協定締結について

投稿日時:2017.10.03ニュース

 本校は、平成29年9月14日に中国の陝西工業職業技術学院(院長:张晓云)と学術交流協定を締結しました。

 同学院は、中国陝西省咸陽にあり、1950年にポリテクニックカレッジとして創設された地域の中核的な学校で、就業年数は3年間です。中国の発展に対応して新しい分野を展開するなどして、現在では、工学系だけでなく文系も併せ10学院(学科に相当)あり、43ヘクタールを超える敷地に100以上に及ぶ訓練施設において2万人の学生が学んでいます。

 同学院は、中国の次代のモノづくりを担う人材育成を大きなミッションとして、理論と実践を重視した教育に努めており、まさに高専の人材育成の考え方に非常に近いものがあります。

 このような教育を実践している同学院の学生との交流を進めることは、本校学生の国際交流の推進を図る上で極めて有効であることから、このたび、同学院と学術交流協定を締結しました。

 このたび、中村校長、鄭教授、徐准教授、中島事務部長の4名の福島高専教職員が陝西工業職業技術学院を訪問し、同学院長からの概要説明、次に中村校長より福島高専の概要説明がなされ、懇談・意見交換が行われた後、中村校長と张学院長により協定書への調印が執り行われました。

 その後、訓練施設や設備等の見学を行い、土木工程学院(学科)、電気工程学院(学科)、数控工程学院(学科)との個別の意見交換も行われました。

 今後、両校間で学生・教職員が活発に交流し、両校での教育研究活動の活性化が期待されます。

image002.png
協定締結の様子(左から中村校長、张晓云氏)