ニュース

令和元年度 第54回地盤工学研究発表会(全国大会)にて、専攻科生の諏江あきほさんが優秀論文発表者賞を受賞しました

投稿日時:2019.10.30ニュース

令和元年7月16日~7月18日に大宮ソニックシティ(さいたま市)で開催された、令和元年度第54回地盤工学研究発表会(全国大会)において、専攻科(産業技術システム工学専攻 社会環境システム工学コース)1年の諏江あきほさんが、「被災確率論を用いた簡易的な液状化マップの構築(地盤防災/液状化部門)」について発表し、35歳以下の研究者、技術者を対象に、論文内容に加え、講演が簡潔明瞭で優れたものに与えられる「優秀論文発表者賞」(発表総数:1081件、受賞対象580件、受賞数132件)を受賞しました。

諏江さんは、建設環境工学科5年次で取り組んだ卒業論文の研究成果をとりまとめたテーマを発表し、今回の受賞となりました。(受賞者の中で最年少受賞になります。)

P1030650.JPG山下校長に報告する諏江さん