ニュース

福島高専、福島県浜通り8機関と包括協定

投稿日時:2018.10.10ニュース

 本校では去る9月27日、「福島浜通り復興創成キャンパスコンソーシアム」の構築と包括的連携を図ることを目的として、福島県浜通り地区にある高等教育機関(東日本国際大学(取りまとめ校)・いわき短期大学・いわき明星大学・福島高専)・地方自治体(いわき市・広野町・楢葉町)及び産業界(いわき商工会議所)の8機関による協定を締結しました。

 この協定は、①東日本大震災及び原子力災害によって失われた福島浜通り地域の産業を回復するため、国家プロジェクトとして「福島・国際研究産業都市構想」、いわゆる「イノベーション・コースト構想」の推進②高齢化の進展や原子力発電所の事故等に伴い、地域に生活する人々の健康維持・増進③若い世代を地方に定着させ地方創生を一層強力に推進することを目的として、福島浜通り地域に立地する高等教育機関、主な地方自治体、産業界等から構成されるプラットフォームを設立し、機動的かつ効率的に連携協力が可能な体制を構築するものです。

 協定式では各機関の代表が今後の抱負を述べ、山下福島高専校長からは再生可能エネルギー、原子力安全及び防災・減災の三分野で地域に活躍できる人材を育成することで福島浜通りの産業の回復とロボットやエネルギー関連産業等の新産業の創出に更なる貢献をしたいと述べました。

 今後は来年の8月頃までに中長期計画を策定し、順次事業を開始する予定としています。

image001.jpg